事業紹介

事業概要

金融機関と顧客企業との各種のギャップにより生じる非経済性を解消し、顧客企業のファイナンスを最適化いたします。

金融機関

  • 資金の貸し手としての優位的な地位
  • 膨大且つタイムリーな情報量
  • 優秀な人材の多さ
  • 巨大な資本

顧客企業

  • 資金の借り手としての劣後的な地位
  • 限られた情報量/精度の低い情報
  • 限られた人的資源
  • 資本の薄さ

各種ギャップへPENETRATEし、ファイネンスを最適化

他社分析

ファイナンシャルコンサルティング分野における既存業態は大きく、「会計系」「財務系」「法律系」及び「独立系」に分類されます。

会計系
公認会計士
メインの会計監査業務等サイドビジネスとして資料作成を行う。
財務系
税理士
中小企業を中心にサイドビジネスとしてアドバイス等を行う。
法律系
弁護士/行政書士
法律顧問のサイドビジネスとして、法的観点からアドバイスを行う。
独立系
財務コンサルタント
大企業向けに資料作成やアドバイスを行う。

他社比較

弊社は他社との比較において、「専門性」「情報優位」「交渉力」及び「報酬制度」の観点から優位性を確保。

既存業態

ビジネスぺネトレーション

専門性 コンサルについてはサイドビジネスでしかなく、コスト削減や担保返戻等顧客企業に深く入り込んだソリューション型の提案/サービスを行っている企業はごく少数。 元々、資金の貸し手としての仕事をしていたコンサルタントによる、資金調達支援、調達コスト削減支援等に特化しており、専門性における優位性は言う迄もない。
情報優位性 本業(士業間)のネットワーク等。顧客へのアプローチは新規顧客開拓活動及びメインビジネスの既存顧客のネットワークを利用。 銀行員時代の幅広く、且つ深いネットワークが存在。最新の商品情報や景気動向、さらには各金融機関における動向(引き締め/貸増し傾向)等の情報がスピーディーに掴める。
交渉力 基本的には、金融機関等との交渉の場には出ない。情報収集、契約書/計画書の作成やアドバイス等のバックアップが主流。 主に、対銀行員(担当者)との交渉となるビジネスフェーズを主戦場としており、金融機関担当者との交渉においては圧倒的に有利な交渉が可能。
報酬制度 サイドビジネスとなっている、または、コンサル契約の一部となっている為、着手金を徴収する場合が殆ど。 上記の優位性により成功率に一定以上の期待が持てる為、メインビジネスたる「成功報酬型」では一切、着手金を徴収しないスタイルとすることが可能。新規顧客獲得のハードルは格段に低い。